Sun. Sep 19th, 2021

Chikako

基本情報 住所 〒020-0834 岩手県盛岡市永井8-65 電話番号 019-632-3344 収容人数 4,946人 アクセス 盛岡南インターチェンジから10分 川久保線 「盛岡」駅~バスセンター~矢巾営業所 中永井停留所下車 JR東北本線「岩手飯岡」駅下車 徒歩15分... 続きを読む
基本情報 住所 〒920-0361 石川県金沢市袋畠町南136 電話番号 076-267-2411 収容人数 20,261人 アクセス JR北陸本線「金沢」駅西口バスターミナル2番乗り場より北陸鉄道バス「52番下安原」「52番済生会病院」行きで「袋畠西部緑地公園前」下車、徒歩5分 JR北陸線「金沢」駅東口バスターミナル11番乗り場より北陸鉄道バス「56番済生会病院」行きで「西部緑地公園」下車、徒歩2分 [車利用]北陸自動車道「金沢西IC」より3分... 続きを読む
News Preview 1 min read
第26節 福島 vs 盛岡:見どころ見どころ2014年9月19日(金) 第26節 鳥取 vs 藤枝:見どころ見どころ2014年9月19日(金) 第26節 相模原 vs 町田:見どころ見どころ2014年9月19日(金) 第26節 琉球 vs 長野:見どころ見どころ2014年9月18日(木) 第26節 秋田 vs 金沢:見どころ見どころ2014年9月12日(金) 第25節 秋田 vs 町田:見どころ見どころ2014年9月12日(金) 第25節 金沢 vs 長野:見どころ見どころ2014年9月12日(金) 第25節 琉球 vs 鳥取:見どころ見どころ2014年9月12日(金) 第25節 藤枝... 続きを読む
クラブ概要 クラブエンブレム クラブロゴ クラブフラッグ 鳥取市、米子市、倉吉市、境港市を中心とする全県をホームタウンとする。チーム名のガイナーレは、出雲伯耆地方の方言で「大きな」を意味する「がいな」が由来。勝利を掴み続け、更なる大きな世界にはばたくような「大きなチームになれ」という願いと夢が込められている。ホームスタジアムは、鳥取市の「とりぎんバードスタジアム」および米子市の「チュウブYAJINスタジアム」。サッカー専用スタジアムである両スタジアムは、観客席とピッチの距離が非常に近く、選手と観客が一体となって感動を共有することができる。 チームの前身は、1985年に鳥取県で開催された「わかとり国体」に際し、1983年に結成された県内教職員のサッカーチーム「鳥取教員団」である。1986年には山梨国体で優勝し、1989年には教員に限らず開かれたチームとなるべく、名称を「SC鳥取」と変更した。その後、2000年には中国サッカーリーグで優勝し、翌年に日本フットボールリーグ(JFL)に昇格。2003年にはチーム愛称が「GAINARE(ガイナーレ)」に決定。2006年末にはJリーグ参入を目指し、株式会社SC鳥取を設立した。2007年、チーム名をガイナーレ鳥取とし、選手をプロ化。2009年、チームスローガン「強小」を発表した翌年、悲願のJFL優勝を遂げた。クラブにとってJリーグ元年となった2011年より3年間はJ2で、2014年は新設されたJ3リーグで戦っている。2008年、元日本代表の小村 徳男が加入。翌年には元日本代表の岡野 雅行、2010年には元日本代表の服部 年宏が加入した。2013年、2008年末に鳥取で現役引退した小村 徳男が監督に就任。2014年には元ガンバ大阪の松波 正信が監督に、前年に現役を引退した岡野 雅行がGMに就任した。 2010年7月、野人・岡野 雅行が旗頭となり、サッカー専用スタジアムの建設を目指した「野人続々!プロジェクト」を発動。個人・法人からの寄付・協賛金を財源に2012年末、米子市に「チュウブYAJINスタジアム」および天然芝の多目的広場「養和会YAJINフィールド」が完成。同年12月9日には、岡野の呼びかけで集まった「YAJINオールスターズ」とガイナーレ鳥取との完成記念試合が行われた。2014年5月末には、新戦力獲得の寄付プロジェクト「野人と漁師のツートッププロジェクト」を発動。1口5000円、2口以上で地元・境港産の海産物が御礼品として贈られるプロジェクトには、2ヶ月間で日本全国から5000口を超える寄付が集まった。寄付金により、かつてJ1・J2で活躍したフェルナンジーニョのほか、数選手を獲得した。 クラブ情報 法人名 株式会社SC鳥取  代表者名 代表取締役:塚野 真樹 呼称 ガイナーレ鳥取 クラブ所在地/問い合わせ先 クラブ所在地〒683-0824鳥取県米子市久米町253-1TEL:0859-37-3515FAX:0859-37-3510ホームページhttp://www.gainare.co.jp/モバイルサイト名称:ガイナーレモバイル対応キャリア:docomo(iモード)/au(EZweb)/SoftBank(Yahoo!ケータイ)料金:324円/月額(税込)ファンクラブガイナーレグリーンクラブhttp://www.gainare.co.jp/fans/fanclub/TEL:0857-30-3033 活動区域/ホームタウン 鳥取県/鳥取市、米子市、倉吉市、境港市を中心とする全県 ホームスタジアム とりぎんバードスタジアム 練習グラウンド 鳥取市若葉台スポーツセンター〒689-1111鳥取県鳥取市若葉台北2丁目1番地コカ・コーラウエストスポーツパーク〒680-0944鳥取県鳥取市布勢146チュウブYAJINスタジアム〒683-0846鳥取県米子市安倍1-1 チーム名の由来 2003年シーズン開幕前に、チームの愛称を公募。ガイナーレの「がいな」は、出雲伯耆地方の方言で「大きな」という意味。勝利を掴み続け、更なる大きな世界にはばたくような「大きなチームになれ」という願いと夢を込めて「ガイナーレ」とした。 クラブマスコット... 続きを読む
News Report 1 min read
戦評 2014年9月21日(日) 第26節 福島 vs 盛岡:戦評 戦評 2014年9月21日(日) 第26節 鳥取 vs 藤枝:戦評 戦評 2014年9月21日(日) 第26節 相模原 vs 町田:戦評 戦評 2014年9月21日(日) 第26節 琉球 vs 長野:戦評 戦評 2014年9月20日(土) 第26節 秋田 vs 金沢:戦評... 続きを読む
ブラウブリッツ秋田がホームスタジアムとして使用しております「秋田市八橋運動公園球技場」(住所:秋田県秋田市八橋運動公園1-1)は、株式会社秋田銀行(秋田県秋田市山王)との施設命名権契約締結に伴い、下記の通り名称が変更となりますのでお知らせいたします。   日本語表記 英字表記 略称(日本語) 略称(英字) 現在 秋田市八橋運動公園球技場 Akita Yabase Playing Field 秋田球 AKITA.Y.P.F 変更後 あきぎんスタジアム AKIGIN Stadium A‐スタ A-Sta ■期間:2014年9月1日~2017年3月31日(2年7ヶ月間) ■備考:Jリーグでは、9月1日(月)をもって新名称にて表記変更いたします... 続きを読む
クラブ概要 クラブエンブレム クラブロゴ クラブフラッグ 秋田市、由利本荘市、にかほ市、男鹿市を中心とする秋田県全県がホームタウン。県庁所在地である秋田市は人口約31万人、2014年よりクラブ拠点を置いている。古くより日本海貿易の拠点として栄えた城下町であり、東北三大祭りの一つである国の重要無形民俗文化財「秋田竿燈まつり」は、夏の風物詩として140万人の人出を誇る。由利本所市・にかほ市は、クラブの前身であるTDKサッカー部創部当時からの拠点であり、最もクラブと親しみのある地域である。男鹿市は観光名所が多くあり、特に「男鹿のナマハゲ」は秋田を代表するシンボルとして、全国的に有名。またクラブのエンブレムにもその姿が描かれている。 チーム名はドイツ語で「青」を意味する「ブラウ」と「稲妻」を表す「ブリッツ」の造語である。前身であるTDKサッカー部時代のチームカラーである青を引き継ぎ、さらに秋田県の県魚であるハタハタ(別名をカミナリウオともいい、漢字では魚へんに雷とも書く)のように、冬の稲妻轟く季節に泳ぐ姿が如く力強さを持って、クラブが発展して行く様子を表現している。ホームスタジアムは、あきぎんスタジアム。秋田県庁・秋田市役所に隣接し、官公庁街の中心地に位置する街中スタジアムである。ピッチとスタンドとの距離が近く、コンパクトながらも臨場感を存分に感じることができる。 1965年、チームの前身であるTDKサッカー部が創部。東北社会人サッカーリーグで11度の優勝、日本サッカーリーグ(JSL)2部在籍など、長い歴史と実績を誇る。2006年、東北社会人サッカーリーグで優勝し、さらに東日本社会人サッカー大会で優勝。初出場となった全国地域サッカーリーグ決勝大会の決勝ラウンドで3戦全勝し、日本フットボールリーグ(JFL)への加入を決めた。2007年よりJFLを舞台に戦う中で、2009年にTDKサッカー部をクラブチームに移行する方針が決定。新クラブとして2010年よりブラウブリッツ秋田が発足し、北東北初のJクラブ入りを目指し再スタートを切った。2013年2月にJリーグ準加盟が承認された。JFL4年目となる2013シーズンより、「秋田のサッカースタイル」を築くことを目標とし、読売クラブで日本サッカー界を牽引した与那城 ジョージを監督として招聘。さらに、地元出身のJリーガーとして熊林 親吾を獲得した。 クラブ情報 法人名 株式会社ブラウブリッツ秋田 代表者名 代表取締役社長:岩瀬 浩介 呼称 ブラウブリッツ秋田 クラブ所在地/問い合わせ先 クラブ所在地〒010-0951秋田県秋田市山王3-1-7 東カンビル1FTEL:018-874-9777FAX:018-874-9778ホームページhttp://blaublitz.jpファンクラブブラウブリッツ秋田オフィシャルファンクラブ「OLAHO」TEL:050-3387-1037http://blaublitz.jpテレホンサービス株式会社ブラウブリッツ秋田TEL:018-874-9777 活動区域/ホームタウン 秋田県/秋田市、由利本荘市、にかほ市、男鹿市を中心とする全県 ホームスタジアム あきぎんスタジアム 練習グラウンド あきぎんスタジアム〒010-0974秋田県秋田市八橋運動公園1-1秋田市八橋運動公園陸上競技場〒010-0974秋田県秋田市八橋運動公園1-10秋田市八橋運動公園多目的広場〒010-0974秋田県秋田市八橋運動公園1-1 チーム名の由来 クラブ設立時に一般公募で決定。ブラウブリッツはドイツ語で「青い稲妻」の意。 クラブマスコット... 続きを読む