Sun. Sep 19th, 2021

Chikako

公益社団法人 日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)と公益財団法人 日本サッカー協会は、「2014 明治安田生命 J3リーグ」 Jリーグ・アンダー22選抜の第1節招集選手を下記の通り決定いたしましたので、お知らせいたします。 【Jリーグ・アンダー22選抜  第1節 vs.FC琉球 招集選手】 Pos 背番号 名前 Name 所属 生年月日 身長 体重 GK 1 山田 元気 Genki YAMADA 京都 1994.12.16... 続きを読む
ステップ1: Jリーグ準加盟クラブになること (1)準加盟の「承認日」ではなく、「申請日」を基準として締切を決めていますので、ご注意ください。 (2)J3発足初年度に参加を希望するクラブは、2013年6月30日までにJリーグ準加盟申請を終えてください。その申請に基づき、準加盟として承認されたクラブのみが、ステップ 1を充足したことになります。 (3)Jリーグ準加盟規程により、Jリーグは申請日から 3 か月以内に準加盟承認の可否を決定します。したがって、準加盟の承認の可否を決定する最終日は2013年9月30日です。 (4)Jリーグは、2013年7月開催の理事会において、準加盟申請(および承認)があったクラブの数を発表して、J3発足初年度の参加クラブ数を「12」に決定しました。 【参考】Jリーグ準加盟クラブ(2013年2月26日現在) ・ブラウブリッツ秋田 (JFL) ・FC町田ゼルビア (JFL:J2からの降格クラブ) ・SC相模原 (JFL) ・AC長野パルセイロ (JFL) ・ツエーゲン金沢 (JFL) ・カマタマーレ讃岐 (JFL)... 続きを読む
【日時】2014年5月4日(日・祝)15:00キックオフ【対戦カード】AC長野パルセイロ vs Jリーグ・U-22選抜【試合会場】長野運動公園総合運動場陸上競技場【練習会場】中野市多目的サッカー場 【Jリーグ・アンダー22選抜  第10節 vs. AC長野パルセイロ 招集選手】 Pos 背番号 名前 Name 所属 生年月日 身長 体重 招集回数 GK 1 田尻 健 Ken TAJIRI G大阪 1993.06.11 182... 続きを読む
公益社団法人 日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)と公益財団法人 日本サッカー協会は、「2014 明治安田生命 J3リーグ」 Jリーグ・アンダー22選抜の登録選手を下記の通り決定いたしましたので、お知らせいたします。2014シーズンは登録選手の中から、毎試合エントリー選手16名が決定いたします。 ◎Jリーグ・アンダー22選抜登録選手リスト 所属 選手名 生年月日 身長 体重 クラブ POS. No. 仙台 MF 26 藤村 慶太* Keita FUJIMURA 1993/09/02 180cm 65kg 鹿島... 続きを読む
2014 明治安田生命 J3リーグ Jリーグ・アンダー22選抜の概要が決定いたしましたので、お知らせいたします。   【2014 明治安田生命 J3リーグ】Jリーグ・U−22選抜概要(PDF)... 続きを読む
まず最初に今の日本サッカー界において一番課題である19歳~22歳の年代をどうやって鍛えるかということをここ何年来、Jリーグの関係者、技術委員会、強化担当者と話してきました。 皆さんご存知のように、かつてはサテライトリーグを行っていましたが、それも年間8~10試合程度で、定期的に行われたものではありませんでした。そんな中で、ワールドユース、20歳以下の大会は3大会連続で出場できていません。 先週までU-22日本代表がオマーンに行っていました。日本はリオを目指して20歳以下で出場しましたが、イラクに負けてしまいました。その際のU-22イラク代表には、既に去年日本代表と戦ったメンバーが5、6人いました。イラク代表経験者は10人以上いましたが、我々の20歳以下で編成した代表チームを見ると、残念ながらJ1で後半から少し出るとか、J2で少し試合に出ている、あるいはJ1でメンバーに入るかどうかという選手が大半、これが現実です。その中で、能力はイラクの選手に負けていないものがJリーグの選手にあると思います。この若い世代をどうやって鍛えるかを色々考えた上で、J3が出来るこのタイミングでここに参加させてもらって、若い選手が少しでも多く実践経験を積んで欲しいと。 今年からここに21歳以下の、U-22と言っていますが、今年は21歳以下で編成する予定です。それはなぜかと言うと、2016年のリオのメンバーになれる人を積極的に使っていきたいからです。 簡単に言うとJ1・J2で週末のメンバーに入らなかった中で最も強いと思われるメンバーを選んで、例えばJ3が日曜日にあるので金曜日の段階で各クラブと連絡を取ってそこで(クラブのメンバー登録に)入っていない選手の中からベストと思われるメンバーを集める。そして試合が終わったらクラブに合流するという形です。これは世界のどこもやっていないシステムだと思います。 日本のサッカーを考えた時に、若い選手が出来るだけ早く実践を積んで欲しい。J3リーグで活躍して、当然所属クラブで試合に出るようになって欲しい。そうしたらまたその次に可能性がある選手を使っていきたいと思っています。とにかく、リオを目指すということは勿論ですが、若い選手の選手の成長を今まで3年かかったのを1年くらいで実戦を積ませてより高くもっていきたい。それだけの力が若い選手にはあります。 例えばこの前の高校選手権に出場した小屋松選手は今年名古屋に入りますが、1年目から18人の登録メンバーに入って試合に出られるかというと、もしかしたら難しいかもしれない。もしそういう選手がメンバーに入っていなければすぐこちらに呼んで、毎週沖縄に行ったり秋田に行ったりして試合をさせてクラブに戻す。クラブとは当然連絡を取りあって、彼がどういう風に成長しているかを話し合います。 そのために協会もJリーグと一緒になって若い選手を育てる。これがJリーグ・アンダー22選抜の狙いです。J3の中で地方クラブと真剣勝負をして、厳しい環境で若い選手が出来るだけ早く伸びるようなチームにしたい。順番で出るという場所ではない。我々は機会は与えるので、後は選手が機会を出来るだけ早くつかんで所属クラブでレギュラーになって欲しいと思います。おそらくJ3の各クラブも全力で私たちに対戦してきてくれると思うので、楽しみにしています... 続きを読む
2014 明治安田生命 J3リーグ の開幕カードが決定しました。その他の日程一覧は、こちらの「日程ページ」にてご覧下さい。   ■3月9日(日) FC町田ゼルビア vs 藤枝MYFC 町田 Y.S.C.C.横浜 vs ブラウブリッツ秋田 ニッパ球 SC相模原 vs ツエーゲン金沢 ギオンス ガイナーレ鳥取 vs グルージャ盛岡 とりスタ AC長野パルセイロ vs 福島ユナイテッドFC... 続きを読む
2014年1月29日(水)JFAハウスにて、J3リーグ記者会見を開催し、J3リーグの開幕カードや協賛社、Jリーグ・アンダー22選抜チームの監督、ユニフォームなどを発表。会場には100名を超える報道陣が詰めかけ、J3リーグに対する注目の高さが伺えました。 J3リーグのタイトルパートナーとなった、明治安田生命保険相互会社の根岸秋男 取締役 代表執行役社長は、今回手をあげた理由の一つとして「地域に根差したスポーツクラブを核として、豊かなスポーツ文化を醸成するというJリーグの理念に賛同した」と語り、今後に向けて全国各地でのこども向けサッカー教室の開催や、お客様にJリーグや各クラブの魅力を伝えるJリーグ応援キャンペーンの展開といった、J3リーグを支援する活動プランも発表されました。 そして、J3リーグ オフィシャルブロードキャスティングパートナーのスカパーJSAT株式会社の高田真治 社長からは、全198試合のハイライト放送の実施と、注目試合(年間約10試合)を生中継するとのファン・サポーターにとっては嬉しい情報が。なお、3月9日(日)に開催される開幕節では「FC琉球 vs Jリーグ・アンダー22選抜」の試合が生中継されるとのことで、どのような試合が繰り広げられるのか… 必見の一戦です。 また、公益財団法人 日本サッカー協会 原博実 専務理事兼技術委員長は、注目のJリーグ・アンダー22選抜チームについて、「世界のどこもやっていないシステムだと思う」と新たな取り組みであることを強調したうえで、「今の日本サッカー界において19歳~22歳の年代をどうやって鍛えるかが一番の課題。そのために日本サッカー協会もJリーグと一緒になって若い選手を育てる。これがJリーグ・アンダー22選抜の狙い。厳しい環境で若い選手が出来るだけ早く伸びるようなチームにしたい。選手がチャンスを出来るだけ早くつかんで所属クラブでレギュラーになって欲しい」と、選手たちの成長に期待をこめていました。 Jリーグのあらたな船出となる注目の「2014 明治安田生命 J3リーグ」は3月9日(日)から開幕です。是非ご注目下さい!... 続きを読む